読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I wonder

ゆっるい事務所担の覚え書き。Twitter@xiwonderx

「なうぇすと」が、すごい【2/19加筆】

ジャニーズ 感想

 コンサート*1に参加したからまた違う風に聞くことができたなぁと思う。のでそれを踏まえて、下書きに眠っていた「なうぇすと」について、コンサートの感想を少しずつ交えつつ語る。

 

 私は寄り虹色ジャスミン*2となったのだが、『なうぇすと』ではシャッフルユニットが神山くんと流星くんということで通常盤も初回限定盤も購入。なので通常盤に収録されている曲の魅力(超私見)について述べてゆく。

 

Unlimited

 もうびっくりするくらい爽やか。声も爽やか。曲も爽やか。青春を歌にしたらこうなるんだろうなって感じ。オープニングにふさわしい。初夏に聴きたい。WESTの、曲調によって雰囲気のガラッと変わる歌声はいろんな曲を何度聞いてもすごいなあと感心する。アルバム発売時は京セラドーム公演を控えていたので、「君と交わした約束の場所たどり着いてみせるさ」のどこへだってたどり着いて、連れて行ってくれそうなところが好きです。この説得力のある桐山くんの声!パート割がいつものことながら秀逸。

【ドーム参加後の印象】WESTはファンと同じ歩幅で一緒に夢を見て叶えてくれるんだなあと感じた。WESTがいつか大きな大きなグループになっても、別のところにいっても俺たちは変わらないしファンとの距離もずっと変わらない、といったことを仰っていて。一緒に大きな目標をたてて、それをファンが応援し、彼らが着実に一歩ずつ、一緒に夢を叶えてくれる、叶えさせてくれる。お互いにこの景色を見せてくれてありがとうって思えそうな。*3

 

「数え切れない夢をbackgroundにより輝いていく」

「憧れてきた夢のステージに辿り着けるさ」

「一緒に行こう Just believe my dream」

「君と交わした約束の場所辿り着いてみせるさ」

 

  Unlimitedは際限のないという意味だと思うのだが、一緒に際限のない夢を見て一緒に行かせてくれるのだ。

 

いま逢いたいからしょうがない

 この曲を聴いてから、藤井くんの歌がより情感豊かになったのでは?という気がした。2番唄いだしで、おっ!?と。「艶めルージュ」のルージュがrougeというより「るうじゅ」って感じなのがとてもかわいい。

 そして中間くんの声は私の中ですごくちょうどよくて、「わかるでしょ?」でなんだか安心感に包まれたような感じになる(不思議な感覚)

そしてハロプロの曲のようなノリ!泡沫サタデーナイト!とジャニーズのMADのようなものが以前流行っていたが、逆にこの曲をピッチとかあげればわからなくなりそうなくらいハロプロ感がある。と、思う。

 

エエやんけェ!!

 男パートと女パートに分かれているというのは小耳にはさんでいたが、加工なしだと思っていなかったためびっくりした。こういう、ギャグ的な曲はWESTのそこはかとない表現力を全身に感じられてとてもいい。女声パート、智子ちゃんの語尾上がりに笑い、のぞみちゃんのあざとさにビビり、桐子ちゃんの声はなんかもうインパクトが凄くて笑う。正直最初はそんなにピンと来なかったのだが所謂スルメ曲なのか無意識に何度も聞いてしまう。

ドーム参加後の印象】

 この曲は披露したのですが、流星くんがD●IGOみたいなノリ方していた様な?ドームでは振り付け動画が配信されていたこともあって踊っていたファンが多かった。

 印象の違いでいうとのぞみちゃんの押忍!押忍!がだいぶ男らしくなっていた。そして智子ちゃんはすごかった。「可愛かったー私♡」語尾上げも一貫していて完全に役が出来上がっている感じ。キャラクターソングとして歌ってるようだった。

 

大阪弁ら~にんぐ

 歌……なのか?という感じなのにサビのメロディめちゃくちゃ好き。謎の感動。一人で聴いてるとき無意識に合いの手を入れている……。中間くんのツッコミはタイミングと言い方が素のツッコミみたいで笑ってしまう。神ちゃんの「ええんか~い」、中間くんの「アホはお前らや」が特にお気に入り。きいてるとなんか元気が出てくるというより元気にならざるを得ないみたいなとこがすごい。強制的に元気にさせられるような感じ。楽しいしかない……

大阪アピールが強いけど大阪出身は半分以下ではというツッコミはなしの方向なんだろうか。

 

 

I got the FLOW / 神山・藤井

 この曲のために通常盤を買ったわけだが。普段の私なら絶対ラップ曲って聴かないので、ラップ曲の良さを知るきっかけになったという点でとても感謝。ほぼ全編ラップってこんなにかっこよくてノれるんだなあと。「OH VERY GOOOOOOOD………」の色気。この曲で落ちない女はいないみたいな気持ちになった。これってレンタル救世主の葵くんの「超いい」とかかってるのかな?どうなんでしょう。(あんまり雑誌最近読んでないのでどこかで言ってたらすみません)たまたまかな?アルバムの制作期間とかがよくわからない……。

 やや高めの声と低めの声が合わさってとても声も合っている。

 

You're My Treasure

  突如現れた試聴ページを聞いて1番印象に残った曲。1番サビラストの小瀧くんの

今更だって笑われちゃうかな

にまあ心を撃ち抜かれました。小瀧くんの優しく甘く、でもどこか寂しさも持ち合わせているような歌声が合うこと合うこと。

 WESTってわりと(多種多様の)甘めの声の子が多い気がする……。芸人集団かと思ってたらすごく優しくて暖かくて甘い声。そりゃ落ちますわなぁ。

 

Colorful Magic

 これは本当に出だしが大好き。流星くん、神山くん、小瀧くん、濵田くん、中間くん、重岡くんという流れ!!!も〜〜!!そしてサビのソロが桐山くん!最高です……。個人的『なうぇすと』での推し曲かもしれない。中間くんは割と話しかけるように歌うというか、そんなところが好き。

【ドーム参加後の印象】

「そう誰もがたった一人の主人公さ」

「秘密のフォト」   

超いい。これもなんだかドームという夢を叶えこれからも夢を見て叶えて行く感じ。

この曲の、神山くんの歌声たまらん。

 

ギラギラブベイベー

  テンションがガラッと変わってガツガツした感じ。最初に聞いたときの印象はオレ○ジ○ンジみたい。

 

Believer

 ガツガツ系のロック。コンサートを想像するとすごいかっこいいWESTしか見えない!!!楽しみ。Bメロが個人的に好き

 

雪に願いを / 濵田・小瀧

 1番と2番でサビのメロ担当とハモ担当を交代するという歌割ずるい!!!!!!

 冬のチョコレートのCMにありそうな曲調。メ○ティーキッス*4とかバレンタインデーとかかな。1番気になった歌詞は

空は違うけど

君にも見せたいんだ

「空は違う」は、「僕」が見る空と「君」が見る空は別の場所から見る空だからなんでしょうか?気になるのは

君も同じ空の下見てるかな?

とある点。空は違うけど、同じ空の下。深読みしたがる人間なので、「君」は故人なのかなとか色々想像してしまうのですが……。そうだとしてもそうでなくても切ない。「僕」の世界からいなくなってしまっても一途に思い続けている……。はあ。切ない。

 

ボクら

‪振り向けば必ずキミが笑ってたよね

ボクがボクだという手がかりはキミのその笑顔だけなんだ

 ここがすごく好き。そして、個人的には友情ソングという認識なのだが、アイドルグループの絆ってこんな感じかなとも感じるのは

たとえ景色が巡り巡って変わったとしても

大事なことはずっと変わらないままさ

 というフレーズ。「大事なこと」が何かは各々違うかもしれないが、ずっと変わらないままでいてほしいなという気持ちになる。気が早いけど10周年とかで歌ったら泣いちゃう。

【ドーム参加後の印象】大きなグループになって遠い存在になると感じるようになっても俺たちはずっとファンの近くにいる(超訳)と言ったところから大事なことはずっと変わらないままという点が重なったり。「ボクはキミの陽だまりになる」と歌う重岡くんは完全に我々の陽だまりだった。

 

無鉄砲ボーイ / 重岡・中間・桐山

 すごい振られまくる曲。めげない無鉄砲ボーイ三人衆。すごく明るくかわいいけどめちゃくちゃ振られている。掛け合いみたい。コンサートの演出?とかきになる……!

 

 

one chance

 我らが藤井流星くんが出演していた「レンタル救世主」の挿入歌。藤井流星くん演じる葵伝二郎くんが大好きだったので「超いい…」の別バージョンみたいな感じのが入っていて高まった。個人的にお気に入りパートは

We gotta get down!

 でラップの流星くんと、歌の神ちゃんが重なるところ。いや〜本当にかっこいい。振りも好き。

 【ドーム参加後の印象】

 ひたすらかっこよかった。かっこいいしかなかった。

確かCHO-EXTASYからのこれだったので大人の色気からの大人のかっこよさという感じでたまらなかった。

 

 

 

 

また思い出し次第書き足して行きます。 2/19誤字と諸々加筆修正。

*1:1stドームコンサート24から感謝届けます♡

*2:担当という言葉を使い慣れていないので、ジャニーズWESTの〇(メンバーカラー)寄り虹色ジャスミンやら〇色ジャスミンという文化、気が楽になる。

*3:世界一素敵なグループって言うと他はそうじゃないみたいであんまり言いたくないし言われると、みんなちがってみんないいのにな、すこし語弊があるように聞こえるなと思うのですが自分の推しが1番愛しいのは当たり前ですよね。でもこれを聞いたとき私にとって、あのときあの場にいたり、あの場にいたかったみんなにとって世界一のグループなんじゃないかなぁと思った。私は初参戦だったために比較対象を持っていないからもちろんそれぞれに世界一の現場や光景があると思いますがあの瞬間やファンとWESTが1つになったとき確実に私は世界一の光景や愛を感じた

*4:じゃんぷのIgnitionとかもなんかそういう感じ(私見)。